ECD-500 型デジスラー

ECD-500型は大量処理に特化した能力もメガサイズのスライサー。

キャベツの千切りやレタス・キャベツ・白菜の角切りに力を発揮します。

特徴

■NEWサイズコンベア

 余裕のワイドコンベアで大量処理に対応。コンベア幅250mm。大きな材料もそのまま投入可能。

■丸刃との組み合わせで高品位な角切り

 なぎ刃でスライスした後、丸刃で角切り。サイズの大きな角切りも可能。(Xタイプ)

■わかりやすい高機能操作パネル

 見やすいタッチ式液晶画面で操作も簡単。カバー閉め忘れ等のエラー警告も分かりやすく表示します。

カット例

主な食材 キャベツ、白菜、レタス、グリーンリーフ、ロメイン、サニーレタス、ケール
カット方法 カット、スライス、千切り、タンザク切り、角切り、ザク切り

仕様

形式 ECD-500 標準仕様(平切り専用)
外形寸法 W982 × D1644 × H1710(mm)
機械重量 430kg
電気 3相 200V 1900W
形式 ECD-500x 出口受仕様(角切り・平切り)
外形寸法 W982 × D1992 × H1710(mm)
機械重量 575kg
電気 3相 200V 2650W